写真関連のニュースと写真ギャラリー,そして文化人類学に関する記事を掲載しています。


by okphex

<   2010年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

写真セミナーまとめ。

10日は、実務者向け写真セミナーの第三講の日です。

受講者は、前回と同様、それぞれの提出した課題作品を使って、発表とコメントを行いました。
今までの講義で、各自が必要とする写真の撮り方に慣れてきたようです。

今回は、「作品を使用する場面、文脈を意識する」という話をさせて頂きました。

実務で使用する以上、写真は何らかのメッセージを伝える入れ物である必要があります。
そのメッセージを受け取り手に誤りなく伝えることができる写真を、
本講では「良い写真」と定義しています。

しかし、撮影技術に習熟してくると、必要な写真より、面白い写真に興味が傾きがちになります。
それはそれで良いと思います。まず写真を撮ることを楽しめないと、決して良い写真は撮れませんから。

しかし、気に入った写真が撮れたといって満足して終わってしまうと、
「メッセージを伝える手段」としての写真という点では、それ以上の展開は望めません。
趣味の写真ならば、是非この方向を突き詰めていってもらいたいのですが。

そのため、「この写真はどの場面で使うものなのか」を、撮影中、あるいはプリント用に写真を選択している際に、意識してみて下さい、という話をさせて頂きました。

今回の受講生の方は、今までの修了生と同様、とても真面目で、期待以上の写真を提出して下さるので、上記のような指摘を受けて、次回どのような写真を見せてくれるのか、とても楽しみです。
[PR]
by okphex | 2010-06-10 23:10 | 撮影ガイド

Twitterとのリンク。

使いこなせると楽しそうだな-、と思い、アカウント登録までしていたTwitter。
しかし、常時近況を投稿する習慣がなかったことと、その有用性が今ひとつ理解できず、半ば放置状態になっていました。
ところが最近、exciteブログにTwitterとの連携機能が加わったとのこと。Twitter独自の用語が乱発して、一体Twitterとどこが連携しているのかよく分からない状態ですが、とりあえず試してみることにしました。
どうなるかな-、わくわく。
[PR]
by okphex | 2010-06-09 23:07 | News-そのほか

トンビに…。

本日は夕刻より、近郊へ出張の仕事が入っていました。一段落つくまでの腹ごしらえと思って、広島の某ラジオ局でが企画、販売しているメロンパンをJRの売店で購入。駅前広場にあるベンチに座って早速二、三口頬張ってみました。
ボーロベースの生地がサクサクとしてとてもおいしく、その食感を楽しみました。
そしてちょっとノートパソコン内のデータをチェックしようと、左手にパンを持ちつつ、右手でノートパソコンを開いた瞬間、左手に衝撃感が、…。なんと後方から大きなトンビが、パンの袋ごとパンをもぎ取っていったのです。
ほとんど手付かずのメロンパンは、トンビにとっても予想外の大物だったのか、すぐには飛び去らず、パンをくわえ直して再び空高く舞い上がっていきました。
その間、あまりに突然の出来事だったため、僕は呆気にとられて、トンビとパンが去っていくのを眺めるだけでした。
その様子があまりにもおかしかったのか、道端で雑談していた女子学生がこっちを見てゲラゲラ笑っていました。うう悔しい。
この経験を糧に、今度トンビの迫力ある補食シーンを撮影してみようかなー。と、パンを食べ損ねた悔しさを転嫁するのでした…。
[PR]
by okphex | 2010-06-08 23:15 | News-そのほか

常用漢字の増加。

関連記事

日本の文字文化は、漢字かな併記という特殊な構造を持っています。そのため、学校の教育が比較的長期間確保されているにもかかわらず、一定の水準の言語を獲得するのに数週間かかります。
こうした文法上の問題による、生徒の学習の負担を、少しでも軽くするために常用漢字の追加が認められるようになりました。今までの常用漢字では、公の場面や住所の表記に使われることがあったたものの、正式な表記は認められなかったため、地図上では読み仮名で対処する場合があったそうです。
今回の答申が認められれば、全国全ての市町村の表記が認められることになります。
今まで認められていなかった、という方がむしろ驚きですが…。となると、正式な漢字の表記はどのような場面で使われていたんですかね~?
[PR]
by okphex | 2010-06-07 23:50 | News-そのほか

司会の仕事。

今月挙式・披露宴を執り行う、従兄弟より、披露宴の司会をお願いされました。
当初なぜかなー、と思ってしまいました。
なぜなら、僕はかなりあがり症で、人前で話をすることが結構苦手だったからです。
ところが従兄弟によると、別の親戚同士の集まりで、僕のスピーチや進行役の適切さに感心して、
依頼したいと思ったとのこと。
これもまた意外でした。
僕は緊張の度を超すと一時的な記憶喪失状態になって、その時の状況をうまく思い出せないことが
多いのです(一種のトランス状態ですね…)。
こんな大切な機会なので、記憶喪失になる訳にはいきませんが、楽しくお役目を果たすことが
できればなー、と思っています。
僕と同様に、何かの機会に司会や挨拶を頼まれることがある人も多いと思いますが、
一つ忠告しておきたいのは、「カンペを作らないこと」です。カンペは便利ですが、
喋っている自分とカンペを目で追う役割を果たす自分を制御することで精一杯で、結果として記憶喪失のような状態となることがしばしばあるようです。

司会役を仰せつかった人は、記憶をなくさないように注意しましょういね!
[PR]
by okphex | 2010-06-06 21:47 | News-そのほか

仕事の配分と”成熟”

本日は撮影を二件はしご。
本当にきつい~、と思いましたが、以前は結婚式一件で数日は疲れがとれなかったものが、随分体力が付いたな-、と思います。あるいは、力の抜き処が分かったのかも知れません(手の抜き処でないといいのですが)。
「人の成熟」は、「自己選択の幅の拡大」にあると指摘したのは、人類学者のプラースですが(彼の主要な研究である、『日本人の成熟』は、文化人類学の研究書という枠を越えた名著です。ぜひとも一読をお薦めします)、大変卑近な我が身の経験で、プラースの言うところの”成熟”を少しずつ実感しています…。
[PR]
by okphex | 2010-06-05 23:48 | 人類学・人文科学
諸々の事情で慌ただしくしている間に、鳩山(既に”前”がついていました)首相が辞任し、管総理が誕生していました。
鳩山前首相率いる民主党は、「友愛」と「政権交代」を旗印に、国民の圧倒的支持を受けて(少なくとも獲得議席数では)、念願の政権交代を実現したものの、わずか8ヶ月という短命政権で終わりました。

More
[PR]
by okphex | 2010-06-04 23:20 | News-そのほか

講座第二回目。

今回は各受講生による課題作品の発表と他の受講生からのコメントに多くの時間を費やしました。
被写体を表現するために必要と思われる要素をいくつか紹介しました。
昨年までは、コメントは促すまではなかなか出てこなかったのですが、今回の受講生は積極的に質問や内容強化のためのコメントを行っていました。参考になるな~。
[PR]
by okphex | 2010-06-03 23:46 | News-そのほか
現在、仕事向けの実践型写真セミナーを開講中。

作例のアップロードにGoogleの無料サービスPicasaとPicasaウェブアルバムを利用していますが、非常に便利ですね。

PCにダウンロードしたPicasaで補正やトリミングを施した後、すぐにウェブアルバムにアップロードするといった作業が可能です。しかもアップロードした写真にすぐにコメントを付けることができるので、講習当日でなくとも、指導が可能です。

写真に関する勉強会を予定している人は、上記のサービスを是非とも利用してみてはいかがでしょうか?
[PR]
by okphex | 2010-06-02 23:55 | カメラ・写真情報
「カメラグランプリ2010」の公式ホームページ

「カメラグランプリ2010」は、カメラ記者クラブが主催する、過去一年間で発売されたカメラのうち、優秀な製品を部門毎に選出し、表彰することを目的としたグランプリです。
今年大賞と、「あなたが選ぶベストカメラ大賞」のダブル受賞を果たしたのは、オリンパスの「E-P1」です。一眼カメラという分野をデジタルカメラに於いて復活させたという功績と、そのデザイン性が評価の対象となったようです。
確かに「E-P1」を手に取ったら、すぐにでも写真を撮りに行きたくなりますよね-。とても魅力のあるカメラだと思います。
オリンパスの社長も、以前「大賞」を取ったのがいつだったのか思い出せなかったようです。オリンパスにとって久々の大ヒット製品ですね。
[PR]
by okphex | 2010-06-01 08:36 | カメラ・写真情報