写真関連のニュースと写真ギャラリー,そして文化人類学に関する記事を掲載しています。


by okphex
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

■写真ニュース07/05/15 [ソニー・「Cyber-shot DSC-W200」|キヤノン・プリンター]

今回は、ソニーから登場したサイバーショットの最新シリーズと、キヤノンの大型プリンターに関するお知らせです。
あなたの「写真生活」を快適にするお役に立てば幸いです。

ソニー、1,210万画素CCD搭載機「Cyber-shot DSC-W200」を国内発表
このカメラは、コンパクト機では世界最高となる1,200画素を超えるCCDを搭載しています。
そして、レンズは光学式手ぶれ補正機能を搭載した35ミリ換算で35~105ミリとなるバリオテッサーです。また、画像処理エンジンに「BIONZ」を、肌の色調制御まで行う顔検出機能「顔キメ」を搭載しており、特に人物の撮影に優れた能力を発揮します。
6月1日発売で、店頭予想額は50,000円前後とみられています。


キヤノン大判インクジェットプリンターA1ノビ対応機「imagePROGRAF iPF6100」、A2ノビ対応機「imagePROGRAF iPF5100」発表
この二つのプリンターは、キヤノンの新たな顔料系大型プリンターシリーズの第一弾です。同社独自のカラーマネジメント技術「Kyuanos」や照明の違いにより異なる見え方を補正した「環境光補正プリント」機能を世界で初めて搭載しました。
さらに新12色顔料インクシステム「LUCIA」、超高密度プリントヘッド技術「FINE」を採用するなど、業務用途の高機能性だけではなく、高精細高画質なプリントを実現しています。発売日と価格は、「iPF6100」が6月上旬発売で348,000円、「iPF5100」は7月発売で278,000円です。




現在、仕事で使うための小型軽量のデジタル一眼レフカメラを探しています。候補はキヤノンの「EOS Kiss Digital X」か、「E-410」を考えています。
想定している仕事の性格上、あまり大きくて頑丈なカメラは向いていないのです。
しかし、「EOS Kiss Digital X」は、軽くてすでにレンズなどのシステムをそろえているけど、ライブビューが使えない、「E-410」は価格も性能も文句なしだが、必要とする画角のレンズが非常に高い、とどちらも一長一短で悩んでいます。どちらにするべきか…。

<付記>
今回の情報はお役に立ちましたか?

現在アクセスランキングに参加しています。
もし今回の記事を気に入って頂ければ、記事への評価として下記のどちらかのボタンを押してもらえると、とても嬉しいです!
評価が頂ける喜びと共に、今後へ向けて大きな励みになります。

人気blogランキング写真 ランキング

ありがとうございました。
[PR]
by okphex | 2007-05-15 07:15 | カメラ・写真情報