写真関連のニュースと写真ギャラリー,そして文化人類学に関する記事を掲載しています。


by okphex
カレンダー

<   2010年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

境界と越境。

現在、大阪の国立民族博物館において、企画展「アジアの境界を越えて」が開催されています。
企画展の紹介ページ
これは、5世紀以降中国周辺の諸民族が国家建設に動いた時代から、現在までの人や民族の移動ついて取り扱ったものです。

アフリカで誕生した現生人類は、「グレートジャーニー」と呼ばれるような長い旅を経て、全ての大陸に展開していったと言われています。
現在、人種や民族、使用言語などで細分化されている人類は、元を辿れば全て共通の祖先を持っているのです。
このことは、人類の営みにおいて、常に二つの方向性が働いてきたことを意味します。一つは、既存の生活環境、集団的なまとまりを「境界」と見なして、そこを越え出ようとする拡散の方向性、もう一つは、一定の範囲、範疇の元でまとまろうとする凝集の方向性です。
現代は交通手段、情報網が発達し、いまや世界中を結び付けています。こうした状況であれば、人々はより積極的に既存の境界を越えて往来することが当たり前となるかのように思われましたが、意外に移動に消極的で、境界内に留まることを選び取る価値観も強く見られます。移動の手段と機会がもたらされるほど、凝集の方向性もより鮮明となるようです。
こうした揺らぎによって人類の歩みは築き上げられてきたのかも知れませんね。
本企画展は、こうした人類社会の「境界」について考える良い機会となるでしょう。
[PR]
by okphex | 2010-11-19 23:25 | 人類学・人文科学

11月18日の日誌。

※11月18日の動向を日記形式で掲載します。掲載の理由は11月13日の記事を御参照下さい。※

6時30分起床。でもまだ寝坊感が強い。10時頃より、知り合いの写真家の方と作品の相互比較、打ち合わせ。13時より、「ひは。」の講師を務める。皆さん大分お疲れのご様子。しかし、僕も朝から何も食べてない…、という事実があるので、ある程度共感をしする。
ひは。のプロジェクトでは、あと約10日後に、受講生(実習社員)による成果発表があるという。できるだけ良い品質の成果発表を、とこれまで指導してきたけど、本音のところは、仕上がりはともかく、この作業を通じて、仕事の段取りの決め方など、普段ではなかなか体験できない知識をできる限り吸収して欲しいと願う。講師の後は、12月から受け容れるかも知れないインターン候補生の面接。
まだ設立して浅い僕の会社に、こうして志望してくれることはとてもありがたいことだと感謝する。
あとは当方が本人達のキャリア形成や成長にできるだけ力になれるといいんだけど。
[PR]
by okphex | 2010-11-18 23:09 | News-そのほか

11月17日の日誌。

※11月17日の動向を日記形式で掲載します。掲載の理由は11月13日の記事を御参照下さい。※

7時30分起床。もはや学会の疲れが…、という言い訳が通用しないほど寝坊が続く。講師としてのデスクワークを正午までに終えてぎりぎりの時間に提出。13時30分から、生命保険会社のプレデンシャル社の方より、保険の種類についてレクチャーを受ける。随分分かりやすく説明して頂き、なっとくする。というよりも、現在の保険契約のままだと、あと5年程度で再更新しない限り全ての保証がなくなってしまうことをしり唖然とする。なぜこのような話を当時の担当者の方はしなかったんだろう…。
[PR]
by okphex | 2010-11-17 22:57 | News-そのほか

11月16日の日誌。

※11月16日の動向を日記形式で掲載します。掲載の理由は11月13日の記事を御参照下さい。※

7時半起床。いつもより随分遅いけど、眠いのだから仕方ない。昼過ぎ頃前日の撮影の仕上がりを持参。14時より来月からのインターン受入れの最終面接。なぜか「ひは。」の仕事の前後はいつも食事がとれない。面接終了後講師を務めるため呉市焼山へ。空き時間を利用して車内で書類作業。軽食のパンを一人車内でかじる姿を別人の視点から想像すると泣けてきた。18時50分から21時40分まで講師。夜道を飛ばして自宅に戻ったら23時前。やっぱりすぐ寝る。
[PR]
by okphex | 2010-11-16 22:42 | News-そのほか

11月15日の日誌。

※11月15日の動向を日記形式で掲載します。掲載の理由は11月13日の記事を御参照下さい。※

7時起床。いつもは4時起床なので、とんでもなく寝坊だけど前日で力尽きたのだから仕方ない。
正午頃いつも仕事している高校で撮影。13時から15時までひは。の専門ワーク講師を務める。呉市に移動。ここでも講師を務める。23時過ぎに帰宅。発表を受けた今後の研究の方向性について考えをまとめて寝る。
[PR]
by okphex | 2010-11-15 22:29 | News-そのほか

11月14日の日誌。

※11月14日の動向を掲載します。掲載の理由は11月13日の記事を御参照下さい。※

11月14日(日)
4時起床。間違いなく二日酔い。しかし緊張のためか、頭痛はしない。発表原稿を読み上げて、発表時間の25分に収まることを確認する。
9時30分の一回目の発表時間に合わせて会場到着。前日発表用のハンドアウト(資料)の出力を頼んでいた知人に、前日送ったはずのデータが届いておらず、ハンドアウトが全くできていないことを知り驚愕。しかし慌てず騒がず、会場の事務室にあるPCとコピー機でハンドアウトの出力を終える。
発表は13時からのセッションの一番最後。お昼の休憩時間当たりから、にわかに緊張し始める。
13時からセッション開始。しかし、フィリピン研究の人類学関係発表の参加者が少ない!ちょっとほっとする。
14時20分から発表開始。事前準備していた原稿で、きっちり25分の発表を終える。ほっとしたのも束の間、10分のQAセッション(質疑応答)を全く考慮していなかった!緊張のためか、本人の語学力のなさ故か、みごとに轟沈。
18時に会場を出て、19時過ぎの広島行き新幹線の最終便に乗り込んだ直後に、力尽きて寝てしまう。
[PR]
by okphex | 2010-11-14 22:18 | News-そのほか

11月13日の日誌。

※11月13日14日に、茨城県つくば市で開催された、第2回国際フィリピン研究会議アジア地区日本大会 (The Second Philippine Studies Conference of Japan・PSCJ2010)に、発表者として参加してきました。全て英語の学術会議の出席と発表は初めての経験だったので、発表後は息も絶え絶えになり、ブログの更新も止まってしまいました。すると本ブログを定期的に読んでおられるという奇特な方から、「無事ですか!?」というお問い合せを頂きました。そこで、更新が止まっていた約一週間の動向を日誌形式でお知らせします(11月18日分の記事にも、このお知らせを再掲載します)※

2010年11月13日(土)
前日にようやくPSCJの発表原稿とプレゼンテーション原稿が完成し、19時から広島大学大学院のゼミで予行演習。自宅に戻って来た後も手直しが深夜まで及び、翌朝の始発の新幹線に間に合わせるために仮眠したことを除けばほぼ徹夜の状態で広島駅から新幹線で東京に。
東京からJR線の秋葉原駅に向かい、そこからつくばエキスプレスに乗りつくば駅に。既にPSCJは始まっていたけど、辛うじて基調講演の後半に間に合う。
午後からは知り合いの方の発表などを聴く。その後の懇親会の最中に、一眼レフカメラを下げていたためか、突然事務局の方より大会の公式カメラマンに認定される。明日は僕の発表なんですけど…。
そのまま若手研究者同士の交流会へ。深夜1時過ぎまでお酒を飲んで、翌日のことをすっかり忘れる。
[PR]
by okphex | 2010-11-13 21:58 | News-そのほか

「文明崩壊」

日経ナショナルジオグラフィック社は、「銃・病原菌・鉄」に続く、ジャレド・ダイアモンドの同名著作を映像化したDVDシリーズ、「文明崩壊」の発売を開始しました(価格は2,980円)。
このDVDは、これまで地球上の各地で栄え、そして滅びていった諸文明の崩壊の原因を、環境や経済的な観点から探ることをテーマとしています。
環境の変化が人々の社会生活に大きな影響を与えることは間違いないでしょう。地球上のどこにも食料生産に必要な土地が存在しなくなる可能性があるならば、それを未然に防ぐ努力を惜しまないのは当然だといえます。しかし、蝶のはばたきで生じた空気の撹拌が、地球の反対側の巨大台風出現を招く要因となると言われるほど、地球の環境は無数の要素が複雑に絡み合って作り上げられて行ます。これらを単純化して捉える事は、肝心なことを見落とす可能性があるだけでなく、新たな環境変化の要因になる可能性も十分考えられます。
こうした問題に早くから取り組んできたダイアモンド氏の著作は十分に読み応えがあります。どんな映像によってダイアモンド氏の主張が具体的に映像化されるのか、大変楽しみですね。
[PR]
by okphex | 2010-11-12 22:15 | 人類学・人文科学

英語論文に使う表現文例集

迫村 純男 / ナツメ社



現在訳あって、毎日英文を書いています。習慣とは恐ろしいもので、稚拙でも毎日書き続けていると、少しづつ書く速度も、表現方法も向上してくるようです。
文章執筆の上で大いに参照させて頂いたのが、上記の本です。単なるフレーズ集ではなく、公的な英文の書き方、そして表現の意味などがとても詳細に、そしてわかり易く説明されていて、論文執筆だけでなく、読者に納得してもらえるような文章ならおよそどんな種類の英文にも必要な基礎知識が身につきます。英文を書く機会が多い人には、かならず役立つ本であると思います。
[PR]
by okphex | 2010-11-11 22:15 | 書籍
NTTドコモは、「FOMA」シリーズの冬春モデルを発表しました。
ドコモの報道発表
そのラインナップは28機種にもおよび、一回で発表する点数としては、ドコモ史上最多なのだそうです。
当然今回の新製品では、おサイフケータイ機能やワンセグ機能のさらなる拡充が目立ちますが、何と言ってもインパクトがあるのは、「L-03C」という機種です。
沈胴式の光学3倍ズームレンズや、1,210万画素という高画素CCDなど、カメラ機能の充実を図ったこの機種は、外観もほとんどコンパクトデジタルカメラのそれと変わりません。むしろ、どうやって電話をかけるのか、発表資料の写真からは判断つかないくらいです。
「フォルムにこだわりました」とドコモは発表していますが、ここまで似せなくても良いのに…、とも考えてしまします。この機種を使って電話している姿のほうが、却って違和感があるような気がします。
とはいえ、使い勝手などもいろいろ気になるところですね。今月には発売されるとのこと。楽しみです。
[PR]
by okphex | 2010-11-10 18:09 | カメラ・写真情報