「ほっ」と。キャンペーン

写真関連のニュースと写真ギャラリー,そして文化人類学に関する記事を掲載しています。


by okphex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2009年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

受賞への感謝。

先週末に一通の通知が。

僕が撮影と制作に携わっている広島市立基町高校の卒業記念アルバムが、全国のスクールアルバムコンテストの肖像部門部門賞を獲得したというのです。

今まで全くコンテストを意識してこなかっただけに、晴天の霹靂とはこのことで、にわかには信じられませんでした。

しかも通知に書かれていた企業名も間違ってたし…。

本日確認して、ようやく事実であることが分かりました。
学校の先生方も大変な喜びようで(当然のことながら、当時の生徒さんは全て卒業しているため、残念ながら報告できないのです)、これまでの苦労を労って下さいました。

僕が写真の仕事に携わるようになったのが14年前で、この学校にお世話になったのも14年前からです(先代の父から数えると、33年間ですが)。
自分自身の写真家としての技術とキャリアはこの高校で学ばせて頂いたといっても過言ではなく、それがこうした形で成果となったことは素直に嬉しいです。校訓である「継続は力なり」をこれ程実感したことはありません。

しかし制作者として自分の名前だけが載ることには少々後ろめたさがあります。それというのも、いつも卒業アルバムの製作には、各クラスの生徒達が積極的に携わってきたからです。彼らは受験の忙しい時期にも関わらず、膨大な時間を一つのアルバムを作り上げるための作業と討論に費やしてきました。毎年の生徒自身によるアルバム作りの経験が、時間を超えて引き継がれ、練り上げられていったのです(アルバムのレイアウトも、表紙も、ページのほとんどにアルバム委員の手や意見が加えられています)。

だから、今回の受賞は僕たちの「協働」の証しとして喜べればいいな、と思っています。

このブログを見ている卒業生の人はほとんどいないでしょうが、ここに感謝を述べさせて頂きます。

「ありがとうございました!」
[PR]
by okphex | 2009-11-30 15:30 | News-そのほか

着付けの妙。

本日は成人式の前撮り撮影に参加してきました。

といっても、他のスタジオのお手伝いで、シャッターは切らずにポージング(立ち姿や座り姿での着物の形を整えたり、身体や顔の姿勢を直す)に専念しました。
これまで撮影時にちょっとポージングをすることはあっても、最初から最後まで行う機会はそうそうなかったので、結構試行錯誤の連続でした。

しかし、こうした作業を通して、改めて着物の構造や着付けの技術の高度さに感心してしまいました。

普通に着付けした着物が、撮影前に整えてもらうことで、見違えるように美しくなった、ということを実感した人は多いのではないでしょうか。
例えば、だらりとしてしていた振り袖の袖が、着付けの方の手を入れることで、まるで型紙でも入れたかのように、くっきりとした美しい輪郭を描くようになった場合などです。
こうした着付けは、何も特別な道具を使わなくても、身体の形や布の性質を利用して作り上げることができるのです。
ただし、自らの手でこうした技術を身に付ける為には、長い時間布と格闘する必要があるようです。

「着付け」は、まさに無形文化財ではないか、と実感した経験でした。
[PR]
by okphex | 2009-11-29 20:01 | News-そのほか

組み立てという要素。

リコーの新型デジタルカメラ、「GXR」の店頭展示が始まりました。

このカメラの魅力を知るためには、ぜひとも実機を触る必要がありそうです。
というのも、「GXR」の、「初のレンズユニット交換型デジタルカメラ」という特徴は、体感してみないとその良さがなかなか理解しにくいと考えられるためです。

僕もさっそく試してみましたが、ユニットを装着した際の、しっかりとした「ガチャッ」という音には、昔超合金ロボを組み立てて遊んだ経験のある人なら心奪われるような魅力的な響きがありました。
ユニット交換式という機構は、機能面の要請上生み出されたこともあるようですが、間違いなく、こうしたギミック的な楽しさも念頭に置いているでしょうね〜。
[PR]
by okphex | 2009-11-28 11:03 | カメラ・写真情報

写真の満足度。

最近、周りにデジタル一眼レフカメラを持ち歩く人が、特に女性に増加しているように感じます。
その理由は、僕自身、購入後の使い方の相談を受けることが多くなっているからなのです。
一眼レフカメラを使った人は、ほぼ一様に、「こんな写真が自分に撮れるとは思わなかった!」と驚かれます。それだけ、一眼レフカメラは、コンパクトカメラより、操作性、描写力について卓越しているということなのでしょう。
僕自身の経験に照し合わせても、こうした感想に共感します。一眼レフの規格は、長年の開発と性能競争を経て、人が手で扱う道具としての完成度は非常に高くなっていると思います。また、高画素化が進んだことにより、入門機でも、A 4サイズ程度なら、十分過ぎるほどの描写性能を発揮します。
一方で、一眼レフカメラに写真の満足を求めるのは、コンパクト機の性能に対する不満もあるのかも知れません。
実際、コンパクト機のレビューを見ていても、デサインや真新しい機能は斬新でも、写真を撮ってみると画質の低さにがっかりする、という評を良く見かけます。
僕も今のところ、一部の超高級機を除き、コンパクト機で描写性能に満足する機種はほとんどありません。
もちろん、APS-CやフルサイズCCDのセンサーを持つカメラとは同列に比較できないとはいえ、画質の満足度という、製品として最も重要な指標の低い製品の価値はいかがなものか、と思ってしまいます。

オリンパスやリコーの一眼カメラや、新規格のコンパクト機が、今後の台風の目となるかも知れませんね。最も、更なる低価格化の実現が必要となりそうですが…。
[PR]
by okphex | 2009-11-27 23:35 | カメラ・写真情報

ストックフォトの世界。

「ストックフォト」の販売は、写真の腕に覚えがある人にとっては、ちょっとしたお小遣い稼ぎになるかもしれません。

「ストックフォト」とは、比較的古くからある写真サービスで、写真家らが撮影した写真を大量にストックしておき、一定の使用料を支払うことで、写真を複製し、使用する権利を得られるというものです。特に出版界では、イメージカットのためにこのストックフォトを利用している企業が多くあります。

インターネットが発達して、ストックフォトの世界も大きく拡大しました。
アメリカのShutterstockは、オンライン・ストックフォトサービスの最大手として有名です。このサイトには、全世界の写真家から提供を受けた膨大な写真がストックされています。そしてダウンロード回数や転送料に応じて、作者には一定の料金が支払われるという仕組みになっています。
この仕組みを採用したストックフォトサービスのサイトとしては、他にiStockphotoなどがあります。また、日本のPaylessimagesは、まさに上記のビジネスモデルをそっくりそのまま移植したものであると言えます。

一体どのくらい儲かるのか興味がありますが、一点あたりに支払われる使用料は、数十セント(数十円)程度の場合が多く(人気の写真家は、ランクが上昇することで、受け取れる使用料が高くなるそうです)、よほど大量に、かつ顧客のニーズに合った写真を提供しないと、なかなか労力に見合った収入を得るのは難しそうです。

しかし、タンスやPC内の肥やしになるだけの自慢の写真が大量にある人なら、ダメもとで利用してみる価値はあるかも知れませんね。写真を撮る意欲向上にも繋がるかも知れませんし。
[PR]
by okphex | 2009-11-26 23:01 | News-そのほか

タフなカメラ。

最近のコンパクトデジタルカメラの売り場を見ていて気がついたのですが、「タフさ」を売りものにした機種が増えているようです。
カメラに対する「タフ」という言葉には色んな定義があります。耐水圧性もそうですし、耐衝撃性も当然含まれます。
オリンパスは「μTough」として、 「μTough 8000」や「μTough 6010」という機種があります。
これらは、防水、耐衝撃性能に優れているということです。
またパナソニックのLUMIXシリーズ「DMC-ST1」は、特に防水、防塵機能に優れているということで、外観は立方形の普通のコンパクトデジタルカメラと変わりありませんが、ハウジングなしで水中撮影が可能です。
さらにリコーの「G600」は、防水、防塵、耐衝撃の3拍子が揃っています。

これらに共通する点は、頑丈さを売りにしていても、外観は通常のコンパクトデジタルカメラとそれ程変らないということです。
日常に使っていても、それ程違和感なく扱えるでしょう。
実はコンパクトなカメラ程、日常持ち歩く頻度が高いために、へたをすると一眼レフカメラよりも厳しい環境に置かれる場合が多いのです。
だから、本来はカラーバリエーションの豊富さや、デザインの可愛らしさよりも、機能面の充実が優先すべきなのかも知れません。
安心して持ち歩けるカメラがラインナップに加わることで、カメラが一層身近な道具となるのではないでしょうか。
[PR]
by okphex | 2009-11-25 23:50 | カメラ・写真情報

ebayの日本語サービス。

写真関係の製品などをインターネットから購入できないかと急に思い立ち、いろいろ調べてみました。
国内ならYahoo!オークション価格.comなどがありますが、規模で言うならやはりeBayがダントツのようですね。
ebayの登録は無料で、しかも金銭を伴った取引の際に便利かつ安全なPayPalというサービスを利用可能です。
Paypalも登録無料(送金があった際に手数料をPayPalの運営会社に支払う仕組み)で、しかも日本語での利用が可能なので(海外との取引に備えて、登録時には基本的に英語サイトでの操作を薦められますが)、僕のような初心者でもほとんど不便さを感じることはありませんでした。

一方、問題はeBayです。サイトが日本語に対応していないので、英語で登録や取引を行わなければなりません。こうした言語の壁が、日本でeBayがこれまでなかなか一般化しなかった理由なのかも知れません。
しかし同じような悩みを抱えている人は大変多いみたいで、eBayの操作について解説しているホームページを探してみたら、実にたくさんのサイトに行き当たりました。

その中でも、無料!eBay総合日本語ガイドの情報の充実ぶりは群を抜いていますね。登録や取引といった項目毎に、eBayのページのスクリーンショットを使って一ステップ毎に解説や注意すべき点が示されています。
また、PDF版のガイドやヘルプも豊富で、さらに取引の際の決まり文句の例文集まで備えています。
ここを見ながらeBayに参加すれば、まず操作に迷うことはないでしょう。
情報の配信がこまめで、古い情報を放置せず随時更新している点も好感が持ています。

果たしてここまでの情報収集と整理をして、無料で割が合うのだろうか?と不思議になりますが、eBayを利用する人は深く感謝しながら、ありがたく利用させて頂きましょう。

他にも有用なサイトやサービスがあれば、随時お知らせします。
[PR]
by okphex | 2009-11-24 14:11 | News-そのほか

北海道。

現在北海道に住んでいる知人から連絡を頂きました。
その方は北海道に移住して3年になるそうですが、現地では海外からの観光客相手のツアーが盛んに行われているとのこと。そのため外国の方と交渉する機会が多いのだそうです。
試しにメールを送ってみたら、英文で戻って来ました!そこまで北海道の欧化が進んでいたとは…。(?)
僕自身は北海道に行ったことがなかったのですが、もしかしたら仕事で行くことになるかもしれないという状況になりました。
とても楽しみ!だけど、真冬は勘弁…。
[PR]
by okphex | 2009-11-23 20:25 | News-そのほか

天候の行方。

昨日のブログに書いた、これまで一度も雨に降られたことのないホテルでの撮影についての結果です。

午前中は曇り。夕方まで何とか天気はもって、撮影終了後から雨が降り出しました。

残念ながら晴天とはなりませんでしたが(薄雲の間から日が射す時間帯もあったのに!)、雨にも降られなかったと言うことで、痛み分けといった結果となりました。

本日式を挙げられたお二人は、本日の天候を大変心配していたそうなので、薄曇りでもとても喜んでおられました。その喜ぶ姿に素直にこちらも嬉しくなりました。良い時間を共有できて、今日も楽しい仕事でした!
[PR]
by okphex | 2009-11-22 23:18 | News-そのほか

ジンクス敗れる?

僕は数年来、広島市内の某ホテルで挙式・披露宴の撮影を行っています。毎週末という訳ではありませんが、結婚シーズンの時にはひと月の間に結構な組数の撮影をこなします。

ところが僕自身も驚いているのですが、このホテルで撮影した時は、なぜか一度も雨に降られたことがないのです。

一度だけ台風のような強烈な突風が吹いていた時がありましたが、その時も空は超晴天でした。

その理由を、僕は自分が晴れ男だからと言うよりも、晴れの日を引き寄せる方々とのご縁が深いからではないか、と考えています。

しかしそのジンクスもついに明日、終わるかも知れません…。広島市内の明日の天気は「雨」。実は本日も「曇りのち雨」の予報だったのですが、挙式の時間はすっきりと晴れ渡っていました。だけど予報を見る限り、今日のような幸運は二度も訪れそうにありません。

ついに本日、最後の幸運を全て使い果たしたのでしょうか。それとも、明日も奇跡が起きるのでしょうか?

いまからドキドキします…。
[PR]
by okphex | 2009-11-21 22:33 | News-そのほか