写真関連のニュースと写真ギャラリー,そして文化人類学に関する記事を掲載しています。


by okphex
カレンダー

<   2009年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

連携の形。

本日は、クライマックスシリーズ進出に向けて背水の陣で戦っている広島東洋カープを応援にMAZDA ZOOM-ZOOMスタジオへ。途中で小雨に見舞われましたが、天候は何とか試合終了まで持ちこたえました。
スワローズとの試合は接戦でしたが、序盤で飛び出した栗原のホームランが効いて、カープは2-1で競り勝ち、クライマックスシリーズに望みを繋げました。
僕がいた場所は、ライト側2階席のパフォーマンス席という場所です。ここは、他の場所では制限されている、応援団の鳴り物入りの応援が許可されているスペースのため、随分賑やかな観戦でした。
試合は別として、とても感心したのは応援団同士の秩序だった連携です。知人によると、チアリーディングをしているグループ、応援歌をリードするグループ、トランペットを演奏するグループは、それぞれ別々の応援団だと言うことなのですが、例えばトランペットのグループが選手の応援曲を決定し、シート1ブロック分離れている観客席のリード役の人物に合図を送ります。するとすぐにリード役の人物が応援歌に見合ったかけ声を掛ける、といった具合に、個々のグループはバラバラに応援するのではなく実に有機的に結合しているのです。こうした即興だが一体感のある応援のリズムが、一般の観客を巻き込んだ一体感を演出するのでしょう。
何か別の合図の方法を考えても面白そうですね。メガホンを逆に持ったらあの曲、とか。まるでバッテリーのサイン交換ですね。
a0005065_142254.jpg

[PR]
by okphex | 2009-09-30 01:38 | News-そのほか

笑顔の形。

ソニーはAPS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「α550」を発表しました。
ソニーのプレスリリース

既に一部のデジタル一眼レフカメラでは搭載済みの、バリアングル液晶(背面の液晶モニターを上下に傾けることが出来る)や、明暗差のある2枚の画像を自動撮影して、カメラ内で合成することで暗い部分と明るい部分の階調描写を向上するワイドダイナミックレンジ拡大機能の搭載などを特徴としています。

このカメラにも搭載されている、被写体の笑顔を探知して自動的にシャッターを切る「スマイルシャッター機能」が興味深いですね。どうやって笑顔を判断するデータを分析し、プログラム化したのでしょうか。

もちろん、多くの被験者から笑顔のデータを収集したことは容易に想像が付きます。しかし、どのような表情が笑顔だと考えられるかは、結構社会によって異なってくるものなのです。そのため、もし笑顔のデータを地域ごとに収集しているとすれば、理屈の上では日本製のαでは笑顔と探知できる表情が、別の社会では笑顔と判断されない、といった状況も起こり得ます。

一方、もし全世界で共通の笑顔判断のプログラムを用いているとしても、それはそれで面白いですね。普遍的な笑顔などというものが存在するのでしょうか、という疑問が湧き起こるからです。例えば日本では口を余り開けずに、口角を上げただけの表情でも笑顔と見なされます。フィリピンでは、特に女性は、上下の唇を口の奥に挟み込んで、目を細めて笑顔の表情を作ることがあります。これらは文字にすると分かりにくいですが、お互いの表情の共通性は、口を閉じている、と言うことぐらいで、とても同じ笑顔とは思えないことがあります。特に後者であるフィリピンの女性の笑顔は、日本人が初めて見ると、まるで怒っているかのように見えるかもしれません。

企業秘密でしょうが、笑顔判断のプログラムがどのようなもので、どうやって笑顔のデータを集めたのか、大変興味があります!もしソニーの技術者に会うことがあったら真っ先に訊ねてみたいものです。
[PR]
by okphex | 2009-09-29 23:52 | カメラ・写真情報

台風直撃とマニラ水没。

僕は研究の側で、調査地であるフィリピンの人々に大変お世話になっています。
マニラのあるルソン島周辺は現在雨期なので台風による風雨災害はそれほど珍しいことではありませんが、今回の超大型台風による被害は桁違いのようです。
既にテレビで報じられているとおり、マニラの各所が冠水して、道路が麻痺状態となっているだけでなく、犠牲者が多数出ている模様です。
何人かの知人に連絡が取れずヤキモキしていましたが、やっと何人かと繋がり、やはりテレビで見ている以上の被害が出ていることを聞かされました。
早く復旧することを祈るばかりです…。
[PR]
by okphex | 2009-09-28 23:59 | 人類学・人文科学

凡事徹底。

記録撮影班として参加した、9月26日の「時之栖イワンの集い」の講演から。

この催しは、以前も書いた通り(株)イエローハット相談役の鍵山秀三郎氏、作家の神渡良平氏、比較宗教学者の町田宗鳳氏の個別講演と鼎談が中心となっています。僕も撮影しながら、時折三氏の話を聴いていました。

特に印象に残ったのは鍵山秀三郎氏の「凡事徹底」という言葉ですね。当たり前のことを徹底的に行うことが非凡の才能となるという意味のようです。

鍵山氏は現在のような高い社会的地位にあっても、道ばたやトイレの清掃を進んで行うのだそうです。有言実行ですね。頭が下がります。

また、正確な文句は忘れましたが、あまり大きな企みをしてはいかんそうです。何事も分をわきまえるのが一番のようですね。
[PR]
by okphex | 2009-09-27 23:59 | News-そのほか
9月26日は一日撮影のため静岡県御殿場の「時之栖」に滞在しています。

ここは宿泊、スポーツ、温泉など様々な施設が一つにまとまった滞在型の複合施設ということです。敷地面積は東京ドーム数個分とかなり広いようですが、施設内を結ぶ道路のレイアウトがしっかりしているためか、徒歩でもそれほど距離を感じさせません。

徒歩が苦にならない理由に、敷地内に飾り付けられたオブジェクトの楽しさもあるようです。芝生や植え込みなどあらゆる場所には大小の風車が植えられていて、風が吹けば一斉に、勢いよく回り出し、何気ない小道が動き出したかのような感覚になります。小高い丘には、日本一とも言われる(もしかして世界一!?)巨大な鐘が台から釣り下げられていて、鐘と富士山が同じ構図に収まる景色を楽しむ事ができます。丘のすぐ下には「ロード・オブ・ザ・リング」のホビットや「白雪姫」のこびと達が住んでいそうな、キノコのような丸っこい屋根のゲストハウスが拡がっています。

日本の伝統的な工芸とヨーロッパの建築デザイン、それに想像力豊かなオブジェクトが入り混じっていて、それでいながら粗雑さのない、調和の保たれた絶妙なデザインが、視覚的な楽しさを演出しているようです。

全体的なレイアウトの巧みさも十分楽しむ価値はありますが、こちらのイルミネーションも、「日本一」と評価されるほど素晴らしいものだと言うことです。
しかもイルミネーションの公開時には駐車場が無料となり、ただイルミネーションを楽しみたい観光客も快く受け入れてくれるそうです。

ここはサービスが多様なので「複合施設」なのではなく、デザイン、サービス、スタッフの行き届いた配慮など、あらゆる要素が折り重なって楽しめるという点で「複合的」なのでしょう。

個人的には、ともすればこうした巨大施設で軽視されがちなオブジェクトのレイアウトを徹底的に作り込んでいることでした。これらは決して機能的な要素という訳ではありませんが、滞在者がその場所に愛着を持つ大切な要素ですね。僕は仕事の内容についてアイデアを練る時に、サービスの提供の方法とその機能性に重点を置いてきたのですが、何らかの形でデザインの要素を入れ込めないか考えてみようと思います。
[PR]
by okphex | 2009-09-26 23:03 | News-そのほか

時之栖にて。

昨日深夜からの自動車の長距離ドライブを経て、現在静岡県の御殿場にいます。
御殿場高原の「時之栖」という場所で明日行われる、「時之栖『イワンの集い』」という講演会を撮影するためです。
この講演会は、イエローハット創業者(現・相談役)の鍵山秀三郎氏、作家の神渡良平氏、広島大学教授の町田宗鳳氏の三人による講演と鼎談が中心となっており、昨年広島で開催されたときに、記録撮影とポスターデザインを依頼していただいた縁で、今回の撮影となりました。

ポスターの葉っぱ(イチゴ)の写真は昨年の講演会用に提供したものですが、嬉しいことに「講演会のイメージに合っている」ということで、今回も表紙を飾らせていただくことになりました。

ご縁でいただいた今回の機会なので、いつも以上に気合が入ります。

御殿場高原は地ビールと露天風呂でも名高いとの事。こちらも楽しみです!
[PR]
by okphex | 2009-09-25 09:13 | News-そのほか

宮島の振興と駐車場。

本日は宮島で撮影でした。
a0005065_1955421.jpg

宮島は広島のみならず、日本を代表する名勝です。これまでも観光地として多くの人々がこの島を訪れていますが、近年、海外での知名度の高まりと、高速道路の値下げにより、遠方からの観光客が急増しているそうです。

宮島は島なので、当然渡航には船を使います。宮島に渡るには、大きくJRフェリーと松代観光船の二つの路線が運行しています。

車で渡航するには乗車代が高く付くこと、厳島神社など島を代表する観光スポットは宮島島内の桟橋から比較的近い場所にあることから、車で訪れる人の多くは本土側の桟橋(「宮島口」といいます)にある駐車場に車を停めてから徒歩、あるいは自転車でフェリーに乗って島に渡ります。

問題は、休日ともなれば、この駐車場の許容量を大幅に超える自動車が押し寄せてくることです。宮島口周辺の駐車場は約30ありますが、全てを併せても約1000台の許容量しかありません。ところが多い日には、3000台以上の車が駐車場を利用しようとするため、駐車場に入りきれない車が長い列を作ることになります。

さらに悪いことには、宮島口前の国道二号線は交通量の割に車線が少なく、以前から宮島口前の渋滞は問題となっていたのです。こうした車の問題が、最近になってますます深刻になっている状況です。

これから高速道路が無料化するとなると、どうなってしまうのだろうと心配になります。立地条件から周囲の駐車場を増やせないとなると、宮島口に近い、山沿いのバイパスや高速道路のサービスエリア近くにパーキングを作って、シャトルバスを運行するなどの手立てもあるような気がしますが、これとて観光客の乗車待ちなどを考えるとそれほど状況が改善する方策とも思えません。

観光地にとっては、訪問者が増えるというのは痛し痒しなのだということを感じさせられます。
[PR]
by okphex | 2009-09-24 19:51 | News-そのほか

ダイビング。

本日友人と雑談中、ダイビングについて熱く語られました。僕はダイビングの経験が無いので、ほー、としきりに感心するばかりです。もしかしたら、もう少し後にダイビング初体験するかも知れませんね。その際は絶対写真を撮りたいと思っているのですが、どうもある程度の写真撮影は資格がいるみたい…。
もしそんなに高くないなら、ぜひライセンスを取得したいですね。そうすればどこでも海中写真を撮れるでしょうし。
[PR]
by okphex | 2009-09-23 21:51 | News-そのほか

朝の演出。

本日は一日中、わが家をスタジオにしての料理撮影を行いました。
先日予告したとおり、依頼主はお肉屋さんのため、内容はほぼ100%肉の撮影でした。
夕方まではガレージを利用してバーベキューの肉をアップや網全体を入れて撮影しました。全身も機材も、肉の脂と煙の臭いにまみれてしまいました…。
夜は室内で肉の料理写真撮影です。
こちらはローストビーフが主体のため、調理の必要も少なく、撮影は順調に進行しました。ところが最後の一カットで大きな問題が…。朝のテーブルをイメージして料理や食器を用意したのはよいのですが、既に日が暮れているため、外は真っ暗でどう考えても朝の食卓に見えないのです。
そこで一計を案じて、スタジオ撮影用のボックスライトを準備。それを完全に画面に入れ込んで、背景を露出オーバーとすると共に、被写体に光を回り込ませて、まるで朝の窓辺のような雰囲気を創り出したのです。
よく映画では、真っ昼間にわざと露出を絞り込んで、夜のような雰囲気を演出することを「アメリカの夜」といいますが、今回はまるで「広島の朝」ですね。
予想外の出来映えにお客様も驚いていました。
他にも改めて学んだ撮影方法の成果が詰まった仕事でした。またおいおい報告しますね。
[PR]
by okphex | 2009-09-22 23:50 | News-そのほか
テレビ朝日は10月1日からの新番組「世界の街道をゆく」で、デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D MarkII」のフルハイビジョン動画を放送映像として採用したことを発表しました。
キヤノンニュースリリース「テレビ新番組をキヤノンのデジタル一眼レフカメラで制作」

「EOS 5D MarkII」の動画は、フルサイズCMOSセンサーの特徴を活かして、高い質感と立体表現を可能としています。撮像素子の大きさは、一般的な放送用カメラと比較しても、なんと倍以上になるとのことです。番組制作側にとっては、デジタルカメラの動画撮影機能を放送用カメラの代替的な使い方ではなく、これまでは困難だった映像表現を可能とする、本格的な放送素材としての活用を目指そうとしているのでしょう。

確かに「EOS 5D MarkII」で撮影した動画の品質の高さは、一回使っただけで圧倒されてしまいます。レンズのズーム操作などが一眼レフカメラとしての構造的な限界のためにやや扱いにくい点は否めませんが、そうした操作性の不利を補っても余りある魅力があります。

既にアメリカでは、アマチュア映像作家だけでなく、大手の映画会社でもこのカメラを使った作品作りの取り組みが進んでいるようです。
GIZMODO「5D Mark IIで映画初挑戦! クルーが直面した課題&次善策(動画あり)」
袁福之 城西国際大学 メディア学部「一眼レフカメラ Canon 5D Mark II でハイビジョン動画撮影。米国で流行っている !?」

これまでほとんど分断されていた、静止画撮影と動画撮影の境界が一気に崩れてしまうかも知れませんね。どのような世界が拡がるのか楽しみです。
[PR]
by okphex | 2009-09-21 10:29 | カメラ・写真情報