写真関連のニュースと写真ギャラリー,そして文化人類学に関する記事を掲載しています。


by okphex
カレンダー

<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

サント・ニーニョ

この小さな子供の像が、昨日の記事でもご紹介した、「幼子のイエス」を示したサント・ニーニョ像です。
サント・ニーニョはフィリピン各地でその名を冠した祭が開かれたり、街や道路の名前となるなど、宗教的な側面だけではなく、フィリピンの社会に深く浸透した存在であると言えます。特にセブ市は、サント・ニーニョを守護聖人として祀っているだけに、記念行事や宗教儀式にはかならずと言っていいほど登場します。
近代的なビルを背景に、サント・ニーニョが鎮座する風景は、まさにセブを象徴していると言えますね。
もうすぐ日本は新年ですが、時差が一時間あるフィリピンでは、新年を迎えるまでにはまだ少し時間的余裕があります。新年に教会で祈りを捧げたり、街頭でお祭り騒ぎに酔いしれる人々もいるようですが、いろいろな家族に聞き取りを行ったところでは、自宅で家族と静かに過ごす人の方が多いようです。
しかし、年越しを待てない若者達があちこちで爆竹を鳴らす音がこだましており、とても静かな新年は迎えられそうにありませんね。

今年一年このブログを読んで下さってありがとうございました。今年は数度のフィリピン行きを経験するなど、動きの大きな一年でした。来年はさらなる研鑽を積みたいと思っています。

それでは、良いお年をお迎え下さい。

a0005065_23332431.jpg

[PR]
by okphex | 2008-12-31 23:33 | ギャラリー

ジョリビー

フィリピンで人気のあるファストフード店と言えば、「ジョリビー」ではないかと思います。マクドナルドにフィリピン的な味付けがなされたといった趣の店で、全国津々浦々にフランチャイズ店が進出しているだけでなく、アジア各国にも出店が拡大しているようです。
人気はハンバーガーではなくフライドチキンで、独特のソースを付けて、ご飯と一緒に食べると確かに癖になる美味しさです。
日本ではほとんどファストフードを食べない僕でも、フィリピンにいる時は一日に一回はジョリビーに行くほど、ほとんど「中毒」症状を呈しています。

そしてこの店のマスコットが、写真の人形です。真っ赤な姿と、ハチをかたどったおしりが特徴です(顔だけ見るととてもハチとは思えないけど)。
ポスター、看板と、彼はいろいろな場面で愛嬌を振りまき、その奮闘ぶりは涙ぐましい程です。しかし、
a0005065_2343688.jpg
既に瞳孔が全開なのが気になります…。
[PR]
by okphex | 2008-12-30 23:35 | ギャラリー

シヌログ

フィリピンは現在、新年を迎える準備の真っ最中です。
セブも同様で、市内中心部の広場に巨大なツリーが飾られ、店の定員さんはみなサンタの帽子を被るなど(まだクリスマス気分!?)、お祭り気分が徐々に盛り上がってきています。
面白いのは、あちこちに作られたほこら状の置物です。キリストの受難やサント・ニーニョ(セブの守護聖人とされる、幼子の姿をしたイエス像)など、キリストに因んだものは勿論ですが、セブでは、1月中旬に開催されるシヌログというお祭りを予告するようなほこらも作られています。
シヌログは、セブの伝統的なお祭りだったようですが、現在ではほとんど舞踊大会と化しているようです。出発地点はその年ごとに異なるのですが、大規模な踊りが、セブ市中心部を貫く大通りを埋め尽くす勢いで展開されます。
是非ともこの祭をみたいと思っているのですが、その頃は日本に戻らねばなりません。
ほこらを撮影することで満足しないと…。
a0005065_054085.jpg

[PR]
by okphex | 2008-12-29 23:58 | ギャラリー

葬列

フィリピンの大都市部で渋滞は日常茶飯事ですが、この時も随分車が混むな、と思っていました。するとどこからとも無くマーチングバンドのような演奏が…。こんな車道でどんな楽団が?と思っていると、何と直交する車線から、葬儀用の車と、参列した親族知人の列が現れ、渋滞する車の列もなんのその、しずしずと歩み去っていきました。時間にして1分ほど、人数は40人くらいだったでしょうか。
亡くなった方を棺に収めて、埋葬地まで特別仕立ての車(日本なら霊柩車)に乗せる所までは日本の葬送の習慣と非常によく似ていますが、フィリピンの場合は一般的には、埋葬場所まで親族、知人が歩いて車の後をついていくようです。そしてこの列には楽団が付いて演奏をしながら進むので、周りの人も葬列の存在を知ることが出来ます。
何となく日本の野辺送りを彷彿とさせる習慣でもありますね。
a0005065_23564549.jpg

[PR]
by okphex | 2008-12-28 23:49 | ギャラリー
フィリピンは、特に都市部の多くの人がキリスト教を信仰しているということで、各地で教会を見ることができます。最大の信徒を抱えるのがカトリックであるため、特に歴史的にも古い教会の多くはカトリック教会ということになります。
しかしマニラやセブの街を歩いていると、同じ色彩と形状をした教会に度々出会います。
この教会は「イグレシア・ニ・クリスト」という宗派が建てたもので、なめらかな形をした高い尖塔と、淡い青色の壁面が特徴です。
この宗派は、20世紀初めに登場した言わば新興宗教団体ですが、その後勢力を拡大し、現在ではフィリピン第三の信者数を誇っています。
フィリピンに滞在していると、こうした教会や、日曜のミサ、宗教専門の番組など、信仰心の篤さを感じる機会が多々あります。新年を控えて、人々の祈りはますます熱を帯びているように感じます。

a0005065_23464935.jpg

[PR]
by okphex | 2008-12-27 23:45 | ギャラリー

仁川国際空港。

本日から来年1月6日まで、フィリピンでの現地調査に従事します。
ということで、初めて海外で年越しを迎えることになりました。
しかし飛行機の都合上、現在は韓国の仁川(インチョン)空港に待機しています。

到着は14時頃だったのですが、何と20時過ぎまで待機しなくてはなりません。
セブには日が変わる直前の23時50分頃到着予定です。

仁川国際空港は、流石国際空港だけあって敷地も搭乗口数もかなりのものです。
お陰で目指す搭乗口まで散々歩かされました。
しかし、IT先進国だけあって、空港内のネット環境は充実していますね。

しかし、空港規模からしたら随分人が閑散としているなーといった印象です。
確かに静かな方が落ち着くのですが…。
[PR]
by okphex | 2008-12-26 14:49 | News-そのほか

祝!

本日弟夫婦に新たな男の子の家族が加わりました~。めでたい!
[PR]
by okphex | 2008-12-25 22:41 | News-そのほか
HOYA、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-m white」を3,000台限定で発売
このデジタルカメラは、APS-Cクラスで世界最小サイズとなる製品です。なによりも本体部の大部分が白色というのが、大きな特徴です。


今後も、みなさんの写真生活に少しでもお役に立つ情報をお届けできるように努力したいと思います。ありがとうございました。
[PR]
by okphex | 2008-12-24 22:53 | カメラ・写真情報
富士フイルム、「FUJIFILM SQUARE」をリニューアルオープン
六本木の東京ミッドタウンにある「FUJIFILM SQUARE」が装いも新たに23日リニューアルオープンしました。先着300名に記念品をプレゼントするなど、いくつかのキャンペーンが用意されているとのことです。


今後も、みなさんの写真生活に少しでもお役に立つ情報をお届けできるように努力したいと思います。ありがとうございました。
[PR]
by okphex | 2008-12-23 21:26 | カメラ・写真情報
キヤノン、デジタル一眼レフカメラ 「EOS 5D Mark II」において、帯状ノイズの出現など不具合の可能性を発表
この発表によると、 「EOS 5D Mark II」を夜景撮影などで使用した場合、被写体の状態によっては、光源の右側が黒くなる、あるいは縦の帯状のノイズ(バンディング)が発生すると言うことです。現在までの対策としては、RAWあるいはJPEGで撮影する、C.Fn II-3 (高輝度・階調優先) を 「0 (しない)」 に設定するなどがあり、今後ファームウェアのアップロードなどで対処するということです。


今後も、みなさんの写真生活に少しでもお役に立つ情報をお届けできるように努力したいと思います。ありがとうございました。
[PR]
by okphex | 2008-12-22 23:30 | カメラ・写真情報