写真関連のニュースと写真ギャラリー,そして文化人類学に関する記事を掲載しています。


by okphex
カレンダー

<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今回は4000万本の精算記録を果たしたニコンレンズと、富士フイルムの新レンズについてのお知らせです。
あなたの「写真生活」を快適にするお役に立てば幸いです。

ニコン、一眼レフカメラ用交換レンズ「NIKKOR」が累積生産本数4,000万本達成と発表
「NIKKOR」の歴史は、1959年の「ニコンF」と共に始まりました。そして2007年7月、ついに「NIKKOR」ブランドのレンズは累計で4,000万本の精算を達成しました。
これはキヤノンなど他のライバルメーカーを大きく引き離した前代未聞の数字です。ニコンがいかに一貫した設計思想を維持してきたのかがよく分かりますね。
ちなみに現行の「NIKKOR」レンズは、超広角から超望遠まで、計52本が出荷されています。


富士フイルム、高寿命の35mmネガフィルム「SUPERIA X-TRA400」「FUJICOLOR100」を10月下旬発売
このフィルムは、現在の製品の新展開となります。その最大の特徴は、新たな感光材料と従来製品よりも高い耐久性です。
「SUPERIA X-TRA400」は、新スーパーユニフォームファイングレイン技術を採用し、現在の「SUPER400FT」に比べ有効期限が3か月延長されており、期限切れの心配なく使用することが可能です。
また、「FUJICOLOR100」は、現行の「SUPERIA100」に比べて有効期限が9か月も延長されています。




老舗メーカーの製品やフィルムはまだまだ健在であることを示す情報ですねー。頼もしい限りです!

最後まで記事をお読み下さり、ありがとうございました。
もし今回の情報がお役に立ったり、内容を面白いと感じて下さったならば、以下のボタンを押して頂けると、とても嬉しいです。
写真 ランキング

今後も、みなさんの写真生活に少しでもお役に立つ情報をお届けできるように努力したいと思います。ありがとうございました。
[PR]
by okphex | 2007-07-31 15:58 | カメラ・写真情報
今回は、ペンタックスとマミヤのレンズに関するお知らせです。
あなたの「写真生活」を快適にするお役に立てば幸いです。

ペンタックス、デジタル一眼レフカメラ専用交換レンズ「smc PENTAX-DA★ 50-135mmF2.8ED [IF]SDM 」の商品不足について告知
このレンズは、クイックシフト・フォーカス・システムや防塵・防滴構造などさまざまな機能を搭載した、★(スター)シリーズの第1弾レンズです。
ところが、予想を上回る注文のため、現在製品の供給が追いつかない状況のようです。早急に生産体制を見直して、出荷の遅延を取り戻すことを目指しているとのことです。
企業側からすると嬉しい誤算なのでしょうが、増産を急ぐあまり、製品の質が低下しないように注意してもらいたいものですね。


マミヤ・デジタル・イメージング、「マミヤセコール ズーム AF75-150mm F4.5 D」と「AF28mm F4.5 D Aspherical」の新レンズ対応カメラについて発表
二つのレンズは、同社の645判カメラ、デジタル一眼レフカメラ「ZD」シリーズ用に発売されました。
ところが、一部の機種はこれらのレンズに対応していない、あるいは使用するためにはファームアップが必要であることが、今回の発表で明らかになりました。
「Mamiya 645AF」「同 645AFD」は、両レンズともに非対応のため、使用不可だということです。また「Mamiya ZD」でも、装着時絞り値表示されないモデルについては、ファームアップが必要だということです。
あらら、せっかくこれらのレンズを使うことを楽しみにしていたユーザーの中には、水を差された格好になった人もいるでしょうね…。




注目の参議院選挙は、与党自民党・公明党の大幅な後退と野党民主党の大幅な躍進という結果となりました。
現役閣僚の度重なる不祥事も影響したとはいえ、国民側の安倍政権の政権運営能力そのものに対する疑問符が、今回の結果として表れたことは間違いないようです。
政権の弱体化が今後の日本の経済に与える影響や国際的な発言力にどのように影響していくのかが大変気になります…。

最後まで記事をお読み下さり、ありがとうございました。
もし今回の情報がお役に立ったり、内容を面白いと感じて下さったならば、以下のボタンを押して頂けると、とても嬉しいです。
写真 ランキング

今後も、みなさんの写真生活に少しでもお役に立つ情報をお届けできるように努力したいと思います。ありがとうございました。
[PR]
by okphex | 2007-07-30 04:20 | カメラ・写真情報
今回は、夏にふさわしい情報やイベントについてお知らせします。
あなたの「写真生活」を快適にするお役に立てば幸いです。

+D LifeStyle「今日から始めるデジカメ撮影術:第77回 水着と海と日差しの関係」
デジタルカメラの状況に応じた撮影方法を伝授する、このサイトおなじみの連載記事です。
今回は夏らしく、海辺で人を撮影する際に知っておくと便利な、さまざまな撮影上の技法やちょっとしたコツを載せています。
ポイントとしては、

●撮影前:
・日差しに注意する(デジタルカメラのバッテリーやCCDは熱に強くない上に、撮影者の体力も消耗する)
・当然水にも注意する(市販の防水カバーなどを使うと便利)
●撮影時:
・意識的に寄って撮る
・晴天での逆光撮影だと、人物が非常に暗くなるので、フラッシュの強制発光モードや露光補正を活用する。
・被写体となる人は正面よりも、やや振り返った構図の方が身体の形を美しく見せることができる。

といったところでしょうか。遊び志向での海辺の撮影に適したカメラとしては、防水機能付きデジタルビデオカメラ、三洋電機「Xacti」を薦めています。


市川ソフトラボラトリー、花火画像を投稿する夏限定スペシャルサイト「花火掲示板」を開設。
このサイトは、これから日本全国で開催される花火大会を一層楽しむために同社が開設したものです。
目玉は花火専用掲示板で、全国の花火大会情報や、当日の様子、そして美しい花火の写真を楽しむことができます。
また、輝く花火を撮影した画像の色彩を、SILKYPIXで鮮やかに仕上げる「花火用テイスト」も無料ダウンロード可能です。




広島でも、昨日は「広島みなと夢花火大会」が開かれましたー。残年ながら行くことはできなかったけど、遠くからでも花火の華開く音が聞こえてきました!
8月14日には、有名な「宮島水中花火大会」が行われます。こちらは是非行ってみたと思っています!

最後まで記事をお読み下さり、ありがとうございました。
もし今回の情報がお役に立ったり、内容を面白いと感じて下さったならば、以下のボタンを押して頂けると、とても嬉しいです。
写真 ランキング

今後も、みなさんの写真生活に少しでもお役に立つ情報をお届けできるように努力したいと思います。ありがとうございました。
[PR]
by okphex | 2007-07-29 07:07 | 撮影ガイド
今回は、二つの写真展についてお知らせします。
あなたの「写真生活」を快適にするお役に立てば幸いです。

FASHION MAGAZINE マーティン・パー写真展
会期:7月7日(土)~8月26日(日)
会場:東京都写真美術館(東京都目黒区三田)

マーティン・パーはイギリスを代表する写真家で、その優れた芸術センスはもちろんのこと、彼独自の、ひねりと毒の効いたユーモアのセンスが、作品の独自色を醸し出しています。
今回の個展は、日本で初めての大規模なものです。近著『FASHION MAGAZINE』(2005)など、最新の作品を含んだカラー写真約100点を存分に味わいましょう!


三原利夫写真展「バングラディッシュの人たち -生きる-」
会期:7月30日(月)~8月10日(金)
会場:キヤノンギャラリー仙台(仙台市青葉区国分町)

バングラデシュは様々な民族的出自を持つ人々や宗教が隣り合って生活を営んでいる国です。近年では洪水被害や生活環境の厳しさがマスコミで大きく採り上げられています。
しかし、人々はこうした環境の中でもたくましく生きています。
作者はバングラデシュの人々のエネルギーに魅せられ、各地を旅して多くの写真を撮り続けてきました。この写真展では作者自身が選んだバングラデシュの風景や人々を捉えた作品が数多く展示されています。
日本から遠く離れたこの地の魅力に触れる絶好の機会です!




どちらの写真展も作者の個性が光る興味深い展覧会ですね。僕自身はバングラデシュに関する知識はほとんど無いのですが、それでも三原氏の作品には非常に惹きつけられます。また、マーティン・パーの写真世界は、まずは写真集『FASHION MAGAZINE』から体験してみようかな…。

最後まで記事をお読み下さり、ありがとうございました。
もし今回の情報がお役に立ったり、内容を面白いと感じて下さったならば、以下のボタンを押して頂けると、とても嬉しいです。
写真 ランキング

今後も、みなさんの写真生活に少しでもお役に立つ情報をお届けできるように努力したいと思います。ありがとうございました。

 
[PR]
by okphex | 2007-07-28 08:19 | News-写真展
今回は、富士フイルムがアメリカで発表した新型デジタルカメラについてのお知らせです
あなたの「写真生活」を快適にするお役に立てば幸いです。

富士フイルム、顔検出機能と自動赤目補正機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「FinePix Z10」をアメリカで発表
この製品は、新たな顔検出機能と自動赤目補正機能を特徴としたデジタルカメラです。
撮像素子として720万画素ベイヤー配列CCDを搭載しており、最高感度はISO1600を実現しています。
また、レンズは35㎜判換算で38~110㎜相当となる光学3倍ズームを搭載しており、スナップ撮影に極めて優れたレンズと言えます。
もう一つのこの製品の大きな特徴としては、特徴的なボディーカラーです。ブルー、ブラック、グリーン、オレンジ、ピンクの合計5色の中から選択可能です。
価格は199.95ドルで、アメリカでは9月末発売予定です。


富士フイルム、 広角系4倍ズーム搭載のコンパクトデジタルカメラ「FinePix F480」をアメリカで発表
このデジタルカメラは、扱いやすい操作性を特徴としたエントリーモデルでありながら、35㎜判換算で28~112mm相当となる広角系4倍ズームレンズを搭載した製品です。
4倍という高倍率さは、スナップ撮影やスポーツ撮影など、どんな場面にも対応することを可能としたまさに万能レンズであると言えます。
ただし、F2.8~5.6と開放での明るさにも大きな開きがある点は、コンパクトデジタルカメラの限界でしょうか…。
価格は179.95ドルで、こちらもアメリカで9月発売予定です。




今晩は様々な職業の人が集まって、写真に関する勉強会を開催しました。勉強会では非常にいろんな問題が話し合われ、聞いている僕も、大変勉強になりました~。
こういった機会をもっと増やしていけるといいですね。

最後まで記事をお読み下さり、ありがとうございました。
もし今回の情報がお役に立ったり、内容を面白いと感じて下さったならば、以下のボタンを押して頂けると、とても嬉しいです。
写真 ランキング

今後も、みなさんの写真生活に少しでもお役に立つ情報をお届けできるように努力したいと思います。ありがとうございました。
[PR]
by okphex | 2007-07-27 22:40 | カメラ・写真情報
今回は、デジタルカメラ関連企業についてのお知らせです。
あなたの「写真生活」を快適にするお役に立てば幸いです。

ニコン、会社設立90周年を記念して、創立から1945年までの企業年表を掲載。
現在ではデジタル一眼レフカメラメーカー最大手のニコンは、光学機器メーカー日本光学工業株式会社として設立されたんですね。
実はニコンは、顕微鏡などの光学機器メーカーとしては、現在でもトップメーカーです。
近年では、製造工程でのゴミを極力縮減するゼロ・エミッションを積極的に推進するなど、先進的な取り組みにも積極的な企業でもあります。


オリンパス、同社の研究開発拠点である八王子・石川の技術開発センターに、開発棟と技術棟を建設
オリンパスは、現在売上高が大きく増加し、より一層の開発技術の向上と効率的な体制づくりに取り組んでいます。
今回の新棟建設は、こうした取り組みの一環です。開発棟は10階、技術棟も10階建てと、地下1階の構造となっており、全体として非常に大規模なセンターとなりました。
今後の製品作りに反映されることを期待したいですね。




会社設立90周年と、売上高1兆円企業…、ちょっと想像つかないですねー。歴史が培った技術と、先進的な取り組みが、企業を大きく発展させていく要因となることが、よく分かりますね!

最後まで記事をお読み下さり、ありがとうございました。
もし今回の情報がお役に立ったり、内容を面白いと感じて下さったならば、以下のボタンを押して頂けると、とても嬉しいです。
写真 ランキング

今後も、みなさんの写真生活に少しでもお役に立つ情報をお届けできるように努力したいと思います。ありがとうございました。
[PR]
by okphex | 2007-07-26 09:17 | カメラ・写真情報
Stefan Lovgren 2007 In National Geographic News "Mass Gorilla "Execution" Discovered in Congo"より

現在アフリカでは、広大な野生動物保護区域や国立公園で多くの貴重な動物たちがレンジャー達の手によって守られています。
しかし、こうした野生動物の密猟を目的としたハンター達は、しばしばレンジャーよりも強力な武器と人員を備えており、彼らとの攻防はまさに命がけだと言うことです。

残念ながら、レンジャー側の奮闘も空しく、動物たちが密猟の犠牲となることがあります。今回コンゴ共和国で発見された三頭のマウンテンゴリラの遺体も、一連の密猟の犠牲とされています。
ゴリラの遺体が発見されたのは、ルワンダ、コンゴ、ウガンダ国境にまたがるヴァイランガ国立公園です。この周辺地域では、約1400頭のゴリラが生息し、その内半数が公園内で生活していると考えられています。

事件が起こったのは、先週土曜日の夕方八時でした。銃声を聞きつけたレンジャー達が公園内を捜索したところ、三頭のゴリラの遺体でした。さらに同じ群れに所属するはずの三頭も行方不明になっており、彼らも密猟の犠牲となったと考えられています。

こうした密猟は強力な武器を備えた民兵が組織的に行うことも珍しくありません。またこの地域にはコンゴやウガンダの政府軍の駐留していますが、野生動物保護の意識の低さから、密猟の取り締まりには消極的だということです。

さらに、この周辺地域に横行する木炭の密輸貿易も密猟に拍車をかけていると言うことです。即ち、違法伐採の闇ルートがゴリラの密猟ルートとしても利用されているとされる証拠が見つかっています。

この地域で危機にさらされているのは野生動物だけではありません。一説では悪名高い1994年のルワンダ内戦では、約400万人の住民が虐殺されたと言われています。
密漁は、闇貿易、中央政府の弱体化に伴った治安の悪化といった、それぞれが極めて危険性の高い要素が絡み合って引き起こされており、そのことが問題解決をますます難しくさせています。

国家や国連といった強大な組織が介入しない現在では、レンジャー個々人の努力に頼るほかないのが現状のようです…。こうした問題がより広く認知されて、国際社会の適切な介入が早まることを祈るばかりです。

最後まで記事をお読み下さり、ありがとうございました。
もし今回の情報がお役に立ったり、内容を面白いと感じて下さったならば、以下のボタンを押して頂けると、とても嬉しいです。
写真 ランキング

今後も、みなさんの写真生活に少しでもお役に立つ情報をお届けできるように努力したいと思います。ありがとうございました。
[PR]
by okphex | 2007-07-25 09:11 | 人類学・人文科学
今回は、写真展とトークイベントに関するお知らせです。
あなたの「写真生活」を快適にするお役に立てば幸いです。

藤部明子作品展「ヒカリバ」
会期:2007年7月10日(火)~7月31日(火)
ZEIT-FOTO SALON(東京都中央区京橋)

フィルムに写り込む像は、あらかじめ撮影者が想定した姿に近づく形で現れることが予期されますが、時折思わぬ形をとって浮かび上がることがあります。そんな写真の不確実性、そして底知れぬ魅力に惹きつけられた作者による写真集と、その中から選ばれた作品がこの度展示されます。


『ABC ブックフェス2007』トークイベント「森山大道×ホンマタカシ」
会期:2007年8月18日(土)
会場:会場:東京ウイメンズプラザホール(青山ブックセンター本店隣)

この対談は、写真集『ハワイ』を上梓した森山氏と、写真集『NEW WAVES』を上梓したホンマ氏による、ハワイを題材とした対談です。二人の写真だけでなく、ハワイの魅力も存分に楽しめる対談となると思われます。まさに夏にぴったりですね!




どちらも、何とも涼しげなイベントですね。藤部氏の写真展は、美しいながらもどこかひやっと、そして森山・ホンマ氏のトークショーは、まさにすかっとした爽やかな対談となりそうですねー。

最後まで記事をお読み下さり、ありがとうございました。
もし今回の情報がお役に立ったり、内容を面白いと感じて下さったならば、以下のボタンを押して頂けると、とても嬉しいです。
写真 ランキング

今後も、みなさんの写真生活に少しでもお役に立つ情報をお届けできるように努力したいと思います。ありがとうございました。
[PR]
by okphex | 2007-07-24 20:53 | News-写真展
今回は、デジタル一眼レフカメラの撮影を快適にする道具と、画像処理をより快適にする画像加工ソフトについてご紹介します。
あなたの「写真生活」を快適にするお役に立てば幸いです。

HSGEAR、デジタル一眼レフ用液晶シェード「eFilm ポップアップシェード」を発売
この製品は、デジタル一眼レフカメラの本題に取り付けるポップアップ式の液晶用シェードです。
アイキャップ部などを利用して装着するため、本体に傷を付けることなく使用することが出来ます。
シェード部は折りたたみ式となっており、カメラを持ち運ぶ際は、折りたたんで液晶カバーとなります。
製品は特徴に応じて二種類用意されています。シンプルな携帯性重視のSTDタイプ(厚さ約7mm)と、周囲の操作部もカバーする効果重視のPROタイプ(厚さ約15mm)で、価格はSTDタイプが4,180円、Proタイプ5,180円です。


DIGITAL ARENA、デジタル画像加工ソフト「JTrim」の紹介記事を掲載
この記事では、「JTrim 1.53b」(フリーウエア・http://www.woodybells.com/)の使用方法やその特徴を紹介しています。
このソフトは、単一の画像ファイルを加工することに特化しており、そのため非常に軽い動作を可能としています。
しかし、提供する機能は非常に多彩で、トリミングや回転はもちろん、色彩の補正機能、特殊効果用フィルターを多数搭載しています。
さらに、複数の画像ファイルに対してファイル名の変換など一括した処理が可能となる便利な「一括変換」機能も搭載しており、画像ファイルの管理にも大きな効果を発揮するでしょう。
フリーウエアでここまで多機能で洗練されたソフトが提供されているとは、非常にありがたいですね~。




僕の使っているデジタルカメラにはポップアップシェードも液晶カバーもついていないので、個人的に「eFilm ポップアップシェード」は絶大な効果を発揮してくれそうです。
また、「JTrim 1.53b」の多機能さと軽快な動作性能は、出張先での画像処理に大きな威力を発揮しそうです。こちらも、個人的に大きな効果を発揮してくれそうなソフトです。

最後まで記事をお読み下さり、ありがとうございました。
もし今回の情報がお役に立ったり、内容を面白いと感じて下さったならば、以下のボタンを押して頂けると、とても嬉しいです。
写真 ランキング

今後も、みなさんの写真生活に少しでもお役に立つ情報をお届けできるように努力したいと思います。ありがとうございました。
[PR]
by okphex | 2007-07-23 04:34 | カメラ・写真情報
今回は、写真と関連のある展覧会の中でも、全国を巡る巡回展に焦点を当ててみたいと思います。
あなたの「写真生活」を快適にするお役に立てば幸いです。

雑誌「カメラ日和」とWeb「カメラピープル」、カメラと写真のイベント「PHOTOFES」開催
会場と会期:
・東京会場 7月21日(土)~8月5日(日)
青山ブックセンター本店(東京都渋谷区神宮前)
・大阪会場 8月11日(土)~8月19日(日)
digmeout ART&DINER(大阪市中央区西心斎橋)
・名古屋会場 8月25日(土)~9月2日(日)
雑貨店「SEANT」(名古屋市中区栄3丁目)

このイベントは、北海道・東京・名古屋・大阪を巡って、写真展、カメラ・写真教室、トークショー、カメラ・アクセサリー販売などを行うというものです。
写真展に出品するのは、写真家のmasacova!氏や菊地智子氏などで、会場ごとに出展する作家が異なります。
また、カメラをもっと楽しみたい方にポラロイドカメラやフィルムの扱い方を教える写真教室も開催されます。
そして東京のトークショーでは雑誌・書籍・広告などで活躍中の写真家、市橋織江氏が自身と写真の関わりについて講演します。
各会場の詳細については、ホームページをご覧下さい。


宮崎県立美術館「シュルレアリスム展」開催
会期:7月21日(土)~9月2日(日)10:00~18:00 月休
会場:宮崎県立美術館(宮崎市船塚)

シュルレアリスムとは、二十世紀初頭にパリで起こった芸術運動です。この運動に参加した多くの芸術家が、文学、美術、写真、映画など幅広い分野で、現実の世界のあり方について追求しました。
この企画展は、シュルレアリスムが追い求めた芸術的な到達点を、数々の作品を元に検証しようとする試みです。展示している作品数はシュルレアリスムの代表的な芸術家約30人の約100点です。
この企画展は各地の美術館や博物館を巡回しており、今回は埼玉県立近代美術館、岡崎市美術博物館、山梨県立美術館に続く4館目の開催となります。ちなみに巡回展の最後となる5回目の会場は姫路市立美術館です。




「シュルレアリスム展」の、現代のこの時点で日本からシュルレアリスムという芸術運動を直そうとする試みは大変興味深いですね。どんな作品が展示されているのか見てみたいものです。

最後まで記事をお読み下さり、ありがとうございました。
もし今回の情報がお役に立ったり、内容を面白いと感じて下さったならば、以下のボタンを押して頂けると、とても嬉しいです。
写真 ランキング

今後も、みなさんの写真生活に少しでもお役に立つ情報をお届けできるように努力したいと思います。ありがとうございました。
[PR]
by okphex | 2007-07-22 15:03 | 写真展・イベント情報