「ほっ」と。キャンペーン

写真関連のニュースと写真ギャラリー,そして文化人類学に関する記事を掲載しています。


by okphex
カレンダー

<   2004年 08月 ( 41 )   > この月の画像一覧

■写真ニュース04/08/31

大阪芸術大学博物館所蔵品展「アンリ・カルティエ=ブレッソン」
8月3日に惜しくもなくなったアンリ・カルティエ=ブレッソンの作品を概観した展覧会です。

総作品数は411点!これ程の作品が一度に公開されるのは非常に珍しい事だそうです。
全ての作品を一度に展示する事は不可能なので、会期をテーマ毎に3回に分けています。それぞれの会期と内容は以下の通りです。

会場:大阪芸術大学構内 展示ホール(芸術情報センター1階)
○第1期「ヨーロッパ/ポートレイト」9月1日(月)~9月18日(土)(※9/12(日)休館):
ヨーロッパ各地で撮影した写真221点、親交のあった人々を写したポートレート56点(計277点)

○第2期「アメリカ・メキシコ」9月21日(火)~10月7日(木)(※9/23(祝)・10/3(日)休館):
アメリカとメキシコを中心に南北アメリカ大陸の写真(69点)

○第3期「アジア」10月9日(土)~10月27日(水)(※10/15(金)・17(日)・24(日)休館):
日本を含むアジア各国の写真(65点)

さらに会期中にレクチャーやワークショップまで企画されています。
これだけ充実した内容なのに、入場料・参加費は無料!
ただし、レクチャーやワークショップは、先着順だったり予約が必要なので、参加を希望される方は内容を確認しておいた方が良さそうです。

偉大な写真家の業績を目にする事の出来る、大変貴重な機会ですので、遠方からでも是非参加したいです!

[PR]
by okphex | 2004-08-31 17:39 | カメラ・写真情報

■写真ニュース04/08/30 (2)

横長の画面で動画や写真を楽しめる、サムスン電子の携帯電話機「SCH-V500」
でかっ!
携帯電話の画面を回転させるという発想の勝利の賜物とはいえ、全体的に随分大柄になっていますね。
とにかく小型・薄型・軽量化を目指す日本のデジタル家電メーカーとは一味違う設計思想です。携帯性にはやや難があるのかもしれないけど、携帯電話で画像や動画を楽しむ事に命を懸ける人達にとっては、この程度の大きさに伴う不都合など、難なく乗り越えてしまえるのでしょうね。
さらにメガピクセル・デジタルカメラも搭載していますが、外見の迫力に、そんなありきたりな特徴は消し飛んでしまいます。

[PR]
by okphex | 2004-08-30 21:11 | カメラ・写真情報

■写真ニュース04/08/30

横木安良夫 フィールドノート写真展「ロバート・キャパ最後
の土地」
通常の写真展とはやや趣が異なり、著名な写真家ロバート・キャパのなくなった場所を、遺された写真と多くの証言から探しあてるまでのドキュメンタリーとなっています。
今年はキャパ没後50周年にあたるそうです。彼が亡くなって半世紀経った今でも、戦争は各地で続いていますね…。

[PR]
by okphex | 2004-08-30 14:41 | カメラ・写真情報

■写真ニュース04/08/29

HP社、Photosmartシリーズのフラッグシップモデル「Photosmart 8450」を発表
現在アメリカでの発表となっており、日本での発売・発表は未定ですが、8色インクの採やメモリーカードからのダイレクトプリント機能など、本格的なフォトプリンターです。
これまでHP社製のプリンターは、静かで、文書の打ち出しには優れているが、写真画質はエプソンやキヤノンのプリンターの後塵を拝しているという印象がありましたが、新製品は画質の点でも期待できそうですね。

[PR]
by okphex | 2004-08-29 09:37 | カメラ・写真情報

■写真ニュース04/08/28

日立リビングサプライの、軽量・スリムなデジタルカメラ 「i.mega」シリーズ「HDC-301SLIM」
9月10日に発売されるこのデジタルカメラは、気軽に持ち運ぶ事が出来る、すっきりとしたデザインをしています。
コンパクトデジタルカメラというと、どうしてもつい先日発表されたばかりのCASIO「EX-S100」と比較してしまいますね。
このカメラも十分スリムだと思うんだけど、「EX-S100」の画像を見た後ではやや厚ぼったく感じてしまいますね。視覚的な慣れは恐ろしい…。
なお、「i.mega」とは、、『さまざまな"I"(個性[Individuality]、主義[Ism]、私[I])に対応するために、「Mega」クラスの"I"(アイデア[Idea]・インパクト[Impact]ある商品、無限大[Infinity]の可能性)を創造し提供していきます。』というコンセプトに基づいた用語だそうです。

[PR]
by okphex | 2004-08-28 11:49 | カメラ・写真情報

■写真ニュース04/08/27

シーアンドシー、DX-5000Gハウジング+5000GデジタルカメラセットとDX-5000G用ワイドコンバージョンレンズ0.6xが発表
DX-5000Gハウジングは、水深55mまで耐え、5000Gの全操作ボタンが使えるなど、操作性も十分考慮されたハウジングのようです。
こういった機材の使い途は、やはり水中写真というのがすぐに思い浮かびます。

知り合いに、湿度の高い熱帯地方など、デジタルカメラにとっては非常に過酷な状況下で取材活動を行っている人がいます。
最近、その人からデジタルカメラの購入相談を受けました。
様々な機種が出ており、どれもが優秀なカメラですが、厳しい条件でも使えるカメラとなると、その範囲は限定されますね。

そこで、富士写真フィルムの「現場監督」や、オリンパスのCAMEDIAシリーズなど、ハウジングが使える機種を考えていました。
すると、シーアンドシーからも5000G用のハウジングの発表を目にしましたので、改めて5000Gの性能を調べてみました。

外見からお手軽なデジタルカメラだと思っていましたが、513万画素の撮像素子や露出補正やマクロ機能、そして0.12秒のレリーズタイムラグなど、驚くほど機能が充実していますね。

水中カメラ専用と思っていましたが、上記のような環境下では、このようなデジタルカメラを使用するのも、理に適っているのではないかと思います。

後は実際に手にしてみて、操作感が分かるといいんですけどね。

[PR]
by okphex | 2004-08-27 11:44 | カメラ・写真情報

■写真ニュース04/08/26

超薄型光学ズームレンズ搭載“EXILIM CARD”「EX-S100」
画像を見るとその薄さにとても驚かされます。
このカメラに搭載されている「セラミックスレンズ」とは、8月2日の記事で紹介した、村田製作所の「ルミセラ」ですね。
薄型光学ズームレンズの登場は既に予想されていましたが、それでもここまで薄いと、余り現実感が感じられなくなってしまいますね。一体どこにレンズが収納されるんでしょうか!?

それにしても、日本の電子機器メーカーは、デジタルカメラをはじめとして、どんな製品でも小型・薄型・軽量を志向しますね。
デジタル製品の宿命なんでしょうか。それとも日本の消費者の嗜好の反映なのでしょうか?

[PR]
by okphex | 2004-08-26 09:29 | カメラ・写真情報

■写真ニュース04/08/25 (2)

CVS製使い切りデジタルカメラ
CVSは全米規模で展開するドラッグストアです。

アメリカへ旅行した時は、ドラッグストアは24時間営業で、撮影済みのフィルムを何時持ち込んでも、約1時間後にはプリントとなって受け取る事が出来ました。

ドラッグストアが新たなお手軽デジタルカメラの在り方を主導するというのは、そんなアメリカの事情が良く現れているなー、と感じます。

価格は19ドル99セント。レンズ付フィルム(もう流通して長いですが、それにしても随分奇妙な名称です)とも価格的に引けはとらず、液晶画像で撮影した画像を確認して、不要な画像は消去可能、そしてPhotoCDへの焼き付けもOKと、利便性は十分。この試みが、デジタルカメラの新たな活躍の場を開く事になるのでしょうか!?

[PR]
by okphex | 2004-08-25 22:44 | カメラ・写真情報

■写真ニュース04/08/25

三洋の発表した、ムービー手ぶれ補正機能搭載ムービーデジタルカメラ「Xacti DMX-C4」の性能
「Xacti DMX-C4」は、同社のムービー撮影機能付デジタルカメラ「DMX-C1」の後継機種です。握りやすい形状で小型の本体に、静止画像で3264×2448ピクセル、そして目玉の動画は640×480ピクセル/30fps/3Mbpsの画像が撮影可能です。

新たに搭載された手ブレ補正機能とは、RAW状態で1152×572ピクセルの撮影領域を、上下左右各10%ずつ補正領域として使用し、921×457ピクセルの切り出し領域をVGA(640×480)に補正をかける、というものです。ズーム時にも、補正の効き具合をズーム倍率に応じて変化させることで、広角から望遠までの全域で手ブレを補正しているそうです。
この手ブレ補正機能を開発するために、2Hz~10Hzの低い周波数成分が中心の手ブレ特性に合わせた補正アルゴリズムを開発したということです。

一眼レフ用の超望遠レンズに搭載されている、光学系で手ブレを補正する機能とは異なり、ソフト側での一種のレタッチなんですね。あまり解像度の高くない画像だから可能な機能ですね。

デジタルカメラ付き携帯電話にも搭載可能な、光学系の操作による手ブレ補正機能も最近開発されたという事だし、現在は本体サイズ、技術的な理由でソフト側のレタッチによって行われている手ブレの補正も、やがては光学系での補正に移行すると思われます。
[PR]
by okphex | 2004-08-25 05:23 | カメラ・写真情報

■写真ニュース04/08/24

デジベリー、デジタルカメラで撮影した写真から3D画像を生成できる3G CG作成ソフト「アイ・モデラー3D 2.5」日本語版を発売。
対象物を全周囲から撮影した複数枚のデジタル写真を解析して、形状モデルとテクスチャを簡単、短時間に生成するソフトです。3D画像は、Javaアプレットで閲覧できる独自形式(UZRフォーマット)でHTMLに埋め込んだり、QuickTimeやFlashに対応しています。
どの位の性能なのでしょうか?3D画像がグリグリ動くコンテンツが増えるかもしれませんね。

[PR]
by okphex | 2004-08-24 17:28 | カメラ・写真情報