写真関連のニュースと写真ギャラリー,そして文化人類学に関する記事を掲載しています。


by okphex
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ボスニアのピラミッド。

Markey, S. 2006. Bosnia "Pyramid" Is Not Human-Made, U.K. Expert Says. In National Geographic News.

ボスニアには、12,000年も前の氷河期に、人間の手で建造されたピラミッドがあるそうです。その場所はボスニアのビソコ(Visoko)で、確かに写真を見ると、三角形のピラミッドのような丘が見えますね。その標高は約213メートルで、その高さはギザのピラミッド群を圧倒しています。

ピラミッドの発見者は、ボスニア人のアマチュアの考古学者です。彼は現地調査を行い、人が道具を用いて加工したと思われる石などを発見しました。彼の発見は考古学上の大ニュースとして世界各地に配信されました。そして多くの研究者がこの「ボスニアのピラミッド」の調査を行いました。

調査を行った研究者の見解は、現在大きく二つ分かれ、激しい議論が行われています。発見者が、加工された石などの物証を理由に、これは人工の建造物であると主張する一方で、別の研究者チームは、自然現象が作り上げた丘に過ぎないと反論しています。確かに、当時の人びとが、果たしてこれほど巨大な建造物を作り上げる能力があったのかは疑問です。しかし、自然現象のみで、見事なピラミッド状に石が組み上げられるものでしょうか?今後の議論の進展や新たな物証の発見が期待されます。

実は僕の地元広島にも、「日本のピラミッド」と呼ばれる葦嶽山があります。しかも僕は、以前友人と数名で、「調査チーム」を結成して、現地調査(ただのハイキングとも言う…)を決行したことがあります。実際の葦嶽山は確かに見事な三角錐で、その形状の見事さには感動しました。恐らくこの山は、自然が造り上げたものと思われます。しかしその神秘的な美しさを見ると、この山が古代の山岳信仰の対象となったことも納得できます。

今回このニュースを知って、また葦嶽山に行ってみたくなりました!ボスニアは少々遠すぎるけど、庄原なら気軽に訪ねることができますからね。それにしても世界中には、様々な「ピラミッド」と呼ばれる建造物や山がありますね。どうして人びとは、このごく素朴な形状に魅了されるのでしょうか。そこには、何か魔力のようなものが存在するのでしょうか。

<付記>
現在アクセスランキングに参加しています。
もし今回の記事を気に入って頂ければ、記事への評価として下記のどちらかのボタンを押してもらえると、とても嬉しいです!
評価が頂ける喜びと共に、今後へ向けて大きな励みになります。

人気blogランキング写真 ランキング

ありがとうございました。
[PR]
by okphex | 2006-06-25 12:28 | 人類学・人文科学