写真関連のニュースと写真ギャラリー,そして文化人類学に関する記事を掲載しています。


by okphex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

写真洗浄の現状報告(2015/02/08)

広島土砂災害の写真洗浄活動に関する、定期報告です。

僕や広島写真師会に依頼を頂いていた写真の洗浄に関しては、12月で一旦目途が付きました。

その後読売新聞の記者の方から、警察署に拾得物として保管されている写真が多数残っており、それらは保管期限が切れたら順次破棄されることになる、と伺いました。
そこで1月の終わりに安佐南警察署を訪問して、現在の写真の保管状況と、残った写真を当方で引き取ることは可能かを相談してみました。


担当者の方のお話しによると、確かに現在拾得物として保管している写真その他遺留品に関しては、保管期限が切れると順次破棄予定とのことでした。
その一方で、持ち主不明とは言え、やはり所有者の同意を得ないまま第三者に写真を引き渡すことはできない、ということでした。
ただ警察でも持ち主の特定に努力を払っており、大半の写真は持ち主に返却できたそうです。以前は5000枚ほど残っていた写真は、現在は約800枚を残すのみとなっている、とのことでした。
写真の特定には、写真に写っていた家並み、人物、学校などの施設を手がかりとして、該当区域を一軒一軒あたる、ということまでしたそうです。
この辺りはさすがに警察の組織力と捜査力だなぁ、と感心しました。

そのため現在残っている写真の大半は、もはや捜索の手がかりが残っていないような写真だということでした。
このように、警察の方もかなりの労力と人手を割いて、写真の洗浄、返還をされたようです。

今後警察の方に写真洗浄の相談があった場合には、すぐに連絡したいとのお申し出を頂きました。いつでも対応できるように、機材を待機しているのが現況です。

何らかの状況が生じれば、今後も随時ご報告します。

[PR]
by okphex | 2015-02-08 16:11 | 広島土砂災害