写真関連のニュースと写真ギャラリー,そして文化人類学に関する記事を掲載しています。


by okphex
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

被爆の日の慰霊祭に出席してきました。

本日は、1945年に広島に原爆が投下された日です。

例年同様、広島市中区の平和公園では祈念式典が開催されました。
僕も例年通り、8時15分の原爆投下時間は家事のため式典には参加できず、
その後、平和公園近くの母校の死没者慰霊祭に出席しました。

15年前から毎回参加していますが、こちらも例年通り、慰霊祭の進行も集う人は以前からあまり変化していません。被爆の参加から生き残った人々の語りも、ほぼ同じ内容です。

しかし生きている人の言葉だからこそ、僕は同じ話でも何度も拝聴する価値があると思っています。

亡くなった人がどのように考えているのか、いくら考えても決して知ることは出来ません。
我々が少しでも過去のことについて現在との繋がりを感じることができるのは、過去と現在を取り結ぶ人がいてこそです。
だからこそ、足を運べる限り足を運んで、個々の人々が一体「その時」何を見、どのようにその経験と向かい合ってきたのか、その言葉を何度でも聴くことは、本当に得難い経験だと思います。

恐らく多くのリベラルな思想家の希望的な観測どおり、核兵器の即時廃棄が実現することは、極めて現実味が薄いでしょう。しかし、被爆経験を「疑似体験」として記憶する人々が増え続けることは、急激ではなくても少しずつ世の中の方向性を変えていく一石になると考えます。
[PR]
by okphex | 2010-08-06 23:46 | News-そのほか