写真関連のニュースと写真ギャラリー,そして文化人類学に関する記事を掲載しています。


by okphex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「マドレーヌ効果」を体感しました。

「マドレーヌ効果」という言葉をご存じでしょうか。
文豪マルセル・プルーストの代表的大作『失われた時を求めて』の冒頭に描かれた、マドレーヌ菓子を口にした「私」(主人公)が、過去の記憶を一気に思い出すというエピソードに因んで、特定の香りが過去の記憶を呼び覚ます心理的な現象を指し示した言葉です。

これは心理学的な事例を持ち出すまでもなく、極めて日常的に実感する現象ですね。小さい時の記憶に何らかの香りが伴っている人も多いでしょうし、久しぶりに帰ってきた故郷に漂う匂いに、懐かしさを覚えた経験をした人も多いはずです。

僕も本日、大学構内で似たような経験をしました。本日は曇天でしたが、前日の雨のためか湿気が構内に充満しており、まるで水蒸気の中を歩いているようでした。
夕刻、講義室での作業を終えて広々としたロビーに出てみると、その空気の湿りと重さ、コンクリートにペンキを塗ったロビーの濡れたように見える壁面、けだるそうに歩く学生達の姿が見えました。しかしそれは一瞬にして、以前訪問したことのあるフィリピンのとある大学のロビーと重なり合いました。身体が感じる感覚、眼前の風景が、以前の大学の記憶とぴったりと重なったのです。フィリピンに滞在していた時にいつも嗅いでいた、甘さと酸っぱさが少しずつ混じった香りも漂ってくるような感覚がして、ちょっと目眩すらも感じました。
もちろんその香りを鼻は感じ取らず、それに身体が一気に醒めたのか、視界にはいつもの大学の風景が戻って来ました。

その前の作業で少し神経が疲労していたからかもしれませんが、それにしてもちょっと不思議な感覚でした~。
[PR]
by okphex | 2010-07-04 22:14 | News-そのほか